ブラック企業に負けるな

ブラック企業に負けるな

ブラック企業(ブラックきぎょう)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、「新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業」( NPO法人「POSSE」代表理事。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。 今野晴貴による定義)を指す。「従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業」との指摘もある。対義語はホワイト企業。

Wikipediaより抜粋

現代では企業の規模や職種に問わず、社会のルール、法律、自ら定めている企業規定を守らない、会社のこともブラック企業と呼ばれています。

ブラック企業の特徴

  • ブラック企業にしている役員、管理職の者にその意識がない。
  • 内部の実態がわかると入社者が減るので求人には虚偽あるいは誤解を招くような情報を平気で載せて募集する。
  • 大量採用してこき使って、辞めたらまた入れればいいと思っている。
  • 労働安全衛生を軽視し 、衛生面や安全面で必要な措置や従業員への教育を怠っている
  • 従業員を軟禁して働き詰めにする。「仕事が遅いからいけない」「いそがしいのだから当たり前」「私もやっているんだ」と残業詰めにする。サービス残業という言葉があるように残業させてその分の給与を支払わない悪質な会社も少なくない。
  • 独裁経営、恐怖政治経営、ワンマン経営、同族経営などが要因になり、成り行き任せの経営、法制度に対する軽視が蔓延している。
  • 過労や公害病などの被害者及び遺族から訴えられたり、メディア報道されようが責任を認めない。逆に名誉棄損で訴えてくるスラップ告訴をしてくる会社もある。
  • 従業員に対する、暴言、暴力制裁、大人のいじめの横行。実際に自覚をもたずにパワハラを繰り返し行う。第三者に指摘されれば、「言いがかりだ」「仕事ができないから」「昔はみんなこうやって育った」「愛の鞭」などと正当化したり、黙認する。 社長や幹部も加担していることも多い。
  • 従業員に不利になるような契約書を作り、サインするまで監禁する。
  • 「ブラック企業」体質の具体例としては、以下のような点が挙げられる。これらの実態が分かると誰も入社しないので、後述するように求人誌などで虚偽あるいは意図的に誤解を招くよう、曖昧な情報を掲載してでも入社させようとする。
  • 会社の経営者や創業者などへの個人崇拝を強制してくる。または、宗教への強制勧誘をしてくる。
  • 会社の商品を強制的に買わせたり、家族や知人へ売りさばくように指示しされる。

その他、ブラックと呼ばれる要因

上記は主にパワハラや横暴な経営からブラック企業と呼ばれる要因になっているものをあげましたが、現代では上記に加え、様々なハラスメントなどの人権問題や労働問題がある会社のことをブラック企業と呼んでいます。

解決策

まず、そういう会社に入らないように事前調査をしっかりしたうえで、入社したいものですが、それは難しいですよね。なので、もし自分の会社がブラック企業だとしたら、早急に退職したいと思う方が多いと思うのですが、ブラック企業だと簡単に辞めさせてくれないケースも多いです。だからと言って、辛い環境下で働き続ける必要などありません。働くすべての人に人権と自由があります。
どうすればいいのかを下記に記載しているので参考にしてもらいたいです。

ブラック企業だと気づいたら
・自分が被害者になる前に早急に退職する決意をする
・転職活動を秘密裏に遂行する
・いろいろな証拠を取っておく
・事を荒立てないで穏便に退職できるように立ち回る

もうすでに被害が出ている場合
・早急に退職する
・証拠を取っておく
・弁護士や労働組合に相談する

まとめ

もし、この記事を見ている人の中で、辛い現状にある方がいましたら一人で悩まずに家族や友人、もしくは労働組合や弁護士へ相談しましょう。
私たち退職代行ガーディアンはあなたの味方です。必ず解決して、今よりずっと幸せな日々を過ごせるようになるはずですので、お気軽にご相談ください。

ハラスメント ブラック企業 人権侵害 人間関係 労働問題 労働環境 労働組合 社会問題 給料 転職 退職 退職×日誌 退職トラブル 退職代行

退職代行ガーディアン

「辞めたいけど言えない」「辞めさせてくれない」といった悩みを抱えている人の代理人となって企業側と退職に関する連絡・交渉をします。即日から出社する必要がなく、連絡も取る必要ありません。
また、当組合は東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合なので、違法性なく安心・確実に即日退職ができます。